資料請求
お問い合わせ

FRANCHISE MERIT葬儀フランチャイズ事業のメリット

葬儀市場は今後30年右肩上がりの成長マーケットです

2007年から増加傾向にあった、葬儀業全体の売上高は、取り扱い件数が2012年から高水準で
件数が推移していることで、売上高も安定しています。
また国立社会保障・人口問題研究所によると2045年から2050年頃までは
死亡人口は増加していくと予想されています。

葬儀市場の今後の動向予測

葬儀市場の今後の動向予測拡大してみる

  • メリット01
    家族葬のニーズが増加し、小規模運用が可能に

    現在の日本では、小規模な葬儀を希望する方が増え、家族葬を希望する方が
    全体の7割までに上がっています。
    人口が減り、高齢化が進んだ未来を考えると、費用が多くかかる一般葬よりも、
    小規模で費用の少ない家族葬は、さらに人気が出そうです。

    家族葬の割合

    家族葬の割合拡大してみる

    このように家族葬のニーズは今後も高まっていくとみられています。
    八光殿では少人数運営・小商圏で成立可能な家族葬会館「八光殿」を
    運用の軸として、フランチャイズ展開していき、
    低コストで始めることができる開業プランをご用意しております。

    家族葬会館八光殿 家族葬会館八光殿
  • メリット02
    一般的な葬儀社開業資金と比べても低コスト

    葬儀の形式として主に一般葬・家族葬・社葬の3タイプのどれかで行うことがほとんどです。
    基本的にはこの3タイプを一つの会館で行うことが多く、その場合はやはり広い敷地が
    必要になってきます。
    それに比べ家族葬専用会館は小規模敷地で十分に運用できますので、
    一般的な葬儀業を開業する場合に比べて、低コストでの開業が可能です。

    葬儀事業の開業資金比較

    葬儀事業の開業資金比較拡大してみる

低コスト開業からの回収モデル

家族葬会館の開業は低コストのうえ、安定収益の確保の見込みが高く、
早期投資回収の計画を立てやすくなります。

Aプランモデル損益シミュレーション(単位:千円)
※開業後のモデルシミュレーションであり、売上・利益を保証するものではありません

CONTACTお気軽にお問い合わせください

お電話での無料ご相談